コピー機リースを導入しよう

コピー機リース業者はたくさん

コピー機リース業者というのは、たくさんありますが、実は意外と面白い傾向があります。

一つは、かなりリース代が安い、と言うことです。それこそ、大量にコピー機のリースする場合、捨て値のような金額で貸してくれるところがあります。では、どうやって利益を出しているのか、といいますとそれはインク代です。借りるときには、インクは自社の物を使う、ということを決めて、メンテナンス費用と共にインクの発注もしてもらうのです。ですから、そこで大いに稼いでいる、ということがあります。

ビジネスモデルとしては、コピー機自体の貸し出しで利益を得ている部分は実は相当少なく、インク代はメンテナンスの費用として貰っているほうが割合が強いのです。ですから、コピー機のレンタル業をしているところは、貸し出すことによる利益よりもたくさん使ってもらって、インクを買ってもらう利益のほうを期待しているわけです。そこの違いをよく考えて、業者を選ぶべきであるといえます。もろちん、そうしたことを考えていない業者もあります。

しっかりとレンタル自体で利益を出すことにして、インクも発注は受け付けるが特に高いわけではないところがあるのです。そうした業者のほうがよいときもありますし、それは考え方次第になります。ちなみに一時期、一円で自治体関係にリースをしていたところもあります。もちろん、大量に貸し出して、メンテナンスとインクなどで儲けることができるから、機体そのものは捨て値で貸しているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *