コピー機リースを導入しよう

コピー機を利用するなら断然お得なリースがお勧め

事業の立ち上げをする時には、様々な準備物が必要になってきます。

その中の一つとして、コピー機を挙げてみましょう。コピー機を準備するには、買取とリースの二択があるのを知っていますか。事業立ち上げ時には、色々とお金が必要となってきますから会社にとってメリットな方を選びたいものですが、一体どちらを選べばいいのでしょうか。事業の立ち上げの場合は、先程も述べたように色々とお金がかかりますから初期費用の削減を図りたいですよね。

ですからコピー機はリースをした方が得だと言えるでしょう。リース契約であれば、その料金や保守料金などが毎月のランニングコストとして抑えられるため、設備投資の資金を削減することが出来るのです。そしてリース料金は経費で落とすことも出来るので、固定資産税の支払いや減価償却などの面倒な手続きがないことも魅力の一つと言えるでしょう。ひと昔前ならば3~6年の契約が一般的でしたが、最近では7年の契約というのも増えてきたので、利用者にとってはありがたい状況です。

リースの特徴には、使用頻度が多い場合向け・初期費用が無料・好きな機種を新品で選べる・契約満了期間まで解約出来ないなどが挙げられます。そして会社によってサポート体制が変わってきますから、一社で利用を決めるのでは無く、数社で比較してから検討をすることでよりお得な情報が得られることが多いので、検討をする際には下調べをすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *