コピー機リースを導入しよう

リースでコピー機を導入するメリット

コピー機や複合機をリース契約によて導入するメリットは、購入資金を多額に用意する必要がなく一定の支払いを月々に行えばいいことが挙げられます。

資金が固定化することを防ぐことができ、運転資金を留保し運用することで利益を生み出すことも可能です。また、税務上で認められた機関であれば経費として全額を処理することが可能です。法定耐用年数よりもリース機関は短く設定できるので、償却期間の短縮が実現できます。固定資産に計上もされないため、税金面でのメリットだけでなく財務比率の悪化もありません。

また、コピー機や複合機を購入すると資金の調達や償却事務、保険手続きなど管理事務処理が必要になりますが、リースした場合は依頼した会社にこのような事務処理を任せることが可能です。そのため、事務の効率化や合理化を促進させることができます。さらに経済的な耐用年数を考慮しながらコピー機をリースすることで、設備の陳腐化を防ぐことができ、常に最新の設備や機械を使用することが可能です。

機械設備といったコストも明確になるため、原価計算が簡単になり原価意識を徹底させることができます。このようなリース契約は途中で解約することができないので数年先まで使用する予定があるかまずは考えてみましょう。資金繰りにどのくらい余裕があるかを判断基準にしましょう。また、契約の際には審査があるため、後で困ることがないように無料の与信審査を受けておくと安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *