コピー機リースを導入しよう

コピー機をリースすることのメリットやデメリット

企業で利用される複合機やコピー機は一般的にリースで利用されることが一般的となっており、うまく活用することによってコストを削減することが可能となっていることから結果的に資金繰りを楽にすることができるようになっています。

ただしそのためにはコピー機をリースすることのメリットやデメリットを把握しておくことが重要であり、何もわからずに利用していると損をしているということも少なくないようです。ではコピー機をリースすることのメリットは何かと言うと、まず毎月の支払いに関してレンタルの場合は資金とは別に支払うようになるのですが、リースの場合は経費として計上することが可能となっています。

しかも初期費用が無料から利用することができるようになっているほか、月額料金が固定されている事もあるのでランニングコストとして分かりやすくなっており、経費の計算もしやすくなっています。また、所有権が業者側にあるので所有していることによって発生する費用を支払う必要がないというところもメリットになっています。

ではデメリットはと言うと、所有権がないというところは考え方によってはデメリットになっていますし、そもそも不要になった場合もレンタルと違って途中解約することが難しくなっています。特にコピー機などは所有することによって場所をとることも多いのですが、不要になったからといっても契約期間中が利用する必要があるため、移動が多い事務所などでは使いにくい契約スタイルとなっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *