コピー機リースを導入しよう

コピー機のリース契約のメリットとデメリット

コピー機をリース契約したときのメリットとデメリットについてご紹介します。

まず、メリットについてですが、初期費用を0円で導入することができます。リース契約の場合は、必要な初期費用をリース会社が代行するため、初期費用は発生しません。そのため会社の運用資金を別のところに回せることができます。また毎月の支払いを経費扱いにすることができます。さらに減価償却や固定資産税がかかりません。本契約は自己所有物ではないからです。そのため財務比率を悪化させるようなことにはなりません。

他にもコピー機の新機能の追加の周期は早いため、長年使っていると古い機種のまま使い続けることになりますが、契約期間を短く設定しておけば再契約するときに新機能を搭載した新しい機器を導入しなおすことができます。次にデメリットについてですが、リース契約は途中解約ができません。もし途中解約した場合は、残っている料金の支払いを求められます。またコピー機の所有権はありません。

契約期間がきれた場合はコピー機を返却する必要があります。ただし一般的には、期間満了後も契約を延長することが可能です。また機器の支払額は、本体価格以外に金利、税金、保険料、手数料が含まれます。そのため、現金購入時よりも高額になります。このように、コピー機のリース契約には、メリットとデメリットがありますので、内容をしっかりと理解していただいた上で導入のご検討をお願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *