コピー機リースを導入しよう

リースを有効活用して最新のコピー機を使おう

オフィスなどで利用する複合コピー機は、1台が100万円以上するものもある高価なものですが、新商品が販売されるサイクルが早いため、購入しても2、3年もすれば型落ちにたってしまい、その時に最新のものを使う場合と比べて作業効率が落ちてしまうこともあります。

そのような事態を避けるためにはリースを有効に活用することが効果的です。リースの場合はコピー機をリース会社から借りて、毎月の手数料とインクやトナーなどの消耗品の料金を支払うことになります。コピー機を購入しようとするとなかなか手が届かない規模のオフィスや団体等でも支払いが可能な月額料金の場合が多いので、高性能なコピー機を導入することができます。

また、契約期間をすぎれば新しいコピー機を導入して再びリース契約を結ぶこともできるので、常に最新の機能を持ったものを利用することが可能です。様々な会社がこのサービスを取り扱っているため、中には他社との競争を勝ち抜くためにいろいろなキャンペーンを行っていたり、乗り換えの場合は残りの料金を負担して最新の機器を導入してくれるようなところもあります。

こうしたサービスを上手に利用することができれば、よりお得にリースを利用できるだけでなく、常に最新の機器を利用することができるので、作業効率が大いに向上するでしょう。普段何気なく使っているものではありますが、業務の効率化やより説得力のある資料を作成するのに欠かせないものなので、より良い環境を整えておきたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *