コピー機リースを導入しよう

コピー機をリース契約することのメリット

コピー機をリース契約で使用することのメリットはいくつかありますが、設置や取り外しの手間が原則としてかからないことも大きいです。

またインクカートリッジなどの消耗品で、印刷に使用する紙を除けばこちらも原則、コストがかかりません。これらの経費は、すべてコピー機のリース料に含まれているためです。印刷する枚数によってコストが変わることにはなりますが、それでも全てを自前で用意することよりはコストカットが可能となります。使用しているときの故障に対する対応も、提供元に連絡を入れて対応を促します。

さらに使用している際の定期的なメンテナンスも、提供元が行うので借りている側は楽です。契約が終了し、必要がなくなったら返却することで、コピー機の処分を考える必要もありません。リース会社側が対応をするので、全てお任せできるわけです。また契約期間が終了するときや、あるいは提供元からの提案もありますが、古い機種はいずれ使用しないように自然となっていきます。

契約更新時あるいは新規契約時において、機種はなるべくよいものを選択するようになるからです。あえて古い機種を使い続ける意味はなく、コピー機のリース契約が終わるときなどに次の更新や別のところと取り交わす契約で、よりよい機種の紹介を受けます。古くなって使いづらくなったものは返却してしまえばそれで終わりです。このように、自前で用意せずに借りてしまうことで、手間暇や人件費を抑えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *