コピー機リースを導入しよう

コピー機をリースするメリット

会社員などが個人で使うコピー機をリースすることは実際には不可能ですが、企業であればリースという選択肢には購入やレンタルと比べてもいろいろなメリットがあり、中小零細企業や個人事業主レベルから大手企業に至るまであらゆるケースで良く利用されています。

大きなメリットは、初期費用がかからないということでしょう。コピー機を購入する場合はもちろんそれなりの費用がかかりますし、レンタルの場合でも最初に一括して支払う必要があるという点では同じです。ところがリースの場合は初期費用といったものはかからず、単に毎月の利用料を支払うだけですから、とくに事業を立ち上げて間もないベンチャー企業のように少しでも運転資金を確保しておきたいという場合には有力な選択肢となります。

また、経理面でもメリットがあります。毎月の利用料金は会社の経費として計上することができますから、その分だけ利益が圧縮されることになり、結果として節税になります。これが購入の場合は、購入費は確かに経費になるでしょうが、その一方で購入したコピー機は会社の資産という扱いになり、固定資産税がかかることになります。

また、減価償却という取り扱いも必要になり、経理処理がそれだけ複雑になってしまいます。リースの場合は常に最新機種が使えるという点もOA機器のように革新スピードが早いものでは非常に重要なポイントです。契約満了後はまた新しい機種をリースすれば良いわけで、購入とは違うところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *