コピー機リースを導入しよう

初期費用が少ないコピー機のリースについて

個人が利用するコピー機は家電量販店などで購入することが一般的でしょうが、業務用として利用する場合にはリースが一般的です。

これにはもちろんメリットがあるからで、初期費用が少なくて済むということが大きいでしょう。業務でコピー機を利用する場合、購入すると当然ながら高い初期費用がかかってしまいます。資金繰りに余裕のある会社であればコピー機代程度は気にならないとなるかもしれませんが、立ち上げて間もない会社など、資金繰りに余裕がない場合もあるでしょう。また、リースの場合は経理処理の点でもメリットがあります。

リース代金は経費として処理できますし、コピー機そのものは自分の会社の資産ではなく借りているだけですから、減価償却などの処理も発生しないからです。一方でメリットばかりではなくデメリットもありますから、導入の際にはよく検討したほうが良いでしょう。デメリットの一つは、長い目で見ると合計コストは購入のほうが安くなることもあるということです。

毎月の利用料を支払い続けても別に分割払いで購入している訳ではありませんから、契約期間が満了しても自社の物になるわけではなくリース会社に引き取られてしまいます。購入の場合は初期費用が高くついても以降はずっと自社の物になるわけですから、長い目で見ると差がつくこともあります。また、リースは契約の一種ですから、審査の結果契約ができないこともあるということに注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *