コピー機リースを導入しよう

コピー機リースの注意点

コピー機リースの注意点として、まず契約期間のことはしっかりと考えておきましょう。

例外的なこともあるかもしれませんが、一般的なリース契約では中途解約ができません。コピー機をもう使わなくなってしまったからと言って中途解約することができないというか、仮に中途解約したとしても契約を満了したときと比較して支払う金額が多少なりとも少なくなるということが一切ありません。つまり、事実上は解約できないのと同じだということです。しかもコピー機のリースでは契約期間が数年程度と比較的に長いことが普通です。

将来のことをしっかりと見通しておくか、もし不安があるのならレンタルなど別の方法を検討したほうが良いかもしれません。また、あまり知られていないことかもしれませんがリースでは事前の審査があります。それだけ長期にわたって利用料金を支払ってくれるだけの力のある契約先かどうかということが審査されるわけです。

とくに、中途解約しても契約満了までのお金をその場で清算しなければならないような契約なのですからなおさらでしょう。銀行などから事業性資金の融資を受けるようなことを考えればそこまで審査は厳しくないかもしれませんが、審査落ちのリスクも考えておく必要があります。なお、リース料を少しでも安くすることを考えて型落ちの中古コピー機を選択するということも普通はできません。新品を購入してもらった上で借りるというのが基本的な契約だからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *