コピー機リースを導入しよう

コピー機のリース契約が終了するとどうなる?

コピー機や複合機のリースは契約期間が法令で定められています。

耐用年数をベースに算出することがルール化されており、この期間が5年と決められていることから、3年~7年とされます。この期間内であれば、自由に設定できるのが原則です。リース契約には利率なるものがあり、契約期間が短いほど率は高くなります。しかし、新しいコピー機や複合機に短いサイクルで交換できるなど、メリットもあります。最も一般的なのは5年契約です。問題となるのは、コピー機のリース契約が終了した場合にどうするかです。

契約が終了すると、期間中利用してきたコピー機は返却することになります。ただ、契約期間が終了する数か月前に、リース会社から今後の契約について話が持ちかけられます。具体的には、新しい機会に入れ替える提案や、今導入している機械をそのまま再リースする契約を結ぶ提案が行われます。現状のサービスに不満がない場合は、いずれかの方法でコピー機を導入することになるでしょう。

新しい機会に入れ替えるメリットは、機能や性能が大幅に改善されている可能性が高いので、業務効率が良くなる点が挙げられます。一方、既存のマシンで再契約する場合は、これまでよりも遥かに安い料金で使い慣れた機種を利用し続けることができる点です。ただし、古い機種は修理対応ができない場合があるなど、不都合があります。長すぎる期間の利用は避けた方が賢明と言えます。一方で、現状のサービスに満足できない場合は打ち切りとなります。新しいサービス会社を探し、新しく契約する、購入やレンタルといった別の方法での導入、あるいは機械の導入を止めるのいずれかの対応が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *