コピー機リースを導入しよう

コピー機リースのメリットデメリット

コピー機を購入するのに手がでない場合、リースという選択を考えることができます。

リースは審査がありますが、それに通ればリース会社に代わりにコピー機を買ってもらって、それを毎月の利用料金を支払って使わせてもらうことのできるものです。毎月の支払い料金を経費として扱うことができますし、初期費用はゼロ円で利用することができます。そのため、一度に多額の現金を支払う余裕が無い場合は、検討すると良いでしょう。便利ですが、コピー機の所有権は自分のところにはありませんので、勝手に処分することも中途解約も出来ません。

その点は考えて利用するかどうかは決めた方が良いです。買取が1番余計なコストがかからないので、長期で見れば1番お得です。ただし、最初に高額な費用を捻出する必要があり、資金に余裕がなければ支払うことが出来ないでしょう。その点、リースは長く見れば支払いは高くなるものの、1回ごとの支払いは余裕があるものになるため、現金の余裕を持たせる必要がある場合はこちらを使った方が良いことになります。

期間満了すれば返す必要がありますが、再びリースの提案をしてもらうことができます。買取の場合は古くなったら買い替えしなければなりませんが、それに比べれば買わなくても最新のものを使い続けられるという点で優れていると言えるでしょう。どれが適しているかは導入する人の金銭的事情で変わってくるので、それを考慮しながら決めてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *