コピー機リースを導入しよう

コピー機のリースで運転資金を確保

コピー機は事務所には必要不可欠ですから、新しく事務所を立ち上げたりしたらぜひとも調達したいものですが、購入するとなると、かなりの費用がかかってしまいます。

有り余るほどの資金がある大企業なら別ですが、資金に余裕のない中小企業などが、なるべく初期費用を抑えて導入したいならリースに限ります。リース契約は、毎月定額の料金を支払えばコピー機の便益を受けることができます。毎月の支払額も1万円から2万円くらいで済むので、お金に余裕のない会社でもそんなに負担にはならないでしょう。リース契約には審査があり、その審査にパスしないと契約を結ぶことはできません。

しかし、銀行からお金を借りる審査よりは簡単ですから、銀行からお金を借りて購入するよりいいのではないでしょうか。なにより、初期費用を抑えることで、会社の運転資金に余裕が出るのは有り難いことです。コピー機を導入してしまったおかげで運転資金が枯渇して、経営が立ちいかなくなったなんて事になったら、ちょっと間抜けです。

コピー機をリースにすると、毎月のコストが掴みやすくなるというメリットもあります。定額の料金を払えばいいだけなので、コスト計算がとても簡単です。しかも支払額はすべて経費扱いにすることができるというメリットも見逃せません。さらに、所有権はこちらにはありませんから、減価償却をしたりする必要もありません。もちろん固定資産税を払う必要もなく、事務処理の手間ひまが不要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *