コピー機リースを導入しよう

コピー機のリースを導入すると資金繰りが楽になるかも

コピー機のリースを導入すると、その料金は経費扱いにすることができ、さらに月額料金が固定されているため運転資金を把握しやすくなります。

購入ではないので所有権がリース会社にあり、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生しないのも大きなメリットです。また、初期費用が掛からず、現金が一気に出て行くことがありません。その分、会社の運転資金に回すこともできます。銀行などの借入れとは違い、審査が簡略化されているため、比較的気軽に導入できるでしょう。しかしながら、メリットに裏にはデメリットもあり、中途解約ができないことが挙げられます。

料金は基本的に固定金利になるので、導入時に決められた年数で契約をします。そのため、一度契約すると解約はできません。そして、コピー機の所有権は企業側にないため、通常5~7年といった期間が切れると、リース会社に回収されても文句は言えません。ビジネスとしてそのような事態はまず起こらず、期間が切れる数ヶ月前には再リースの打診があるので大丈夫ですが、所有権がないということが意味するのはそういうことだと理解する必要があります。

当然ながら、勝手に転売すると大問題にななります。企業用コピー機・複合機はリースでの導入が一般的です。上手く使うことで資金繰りが楽になることもあります。メリットが多く、ほとんどの企業で導入しています。新品の最新機種を使えるという点も大きく、レンタルとは違って商品を選べるのも嬉しいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *