コピー機リースを導入しよう

リースでコピー機を導入するメリット

コピー機をリースで導入すると様々なメリットがあります。

まず毎月の支払いを経費として処理できるので、経理が楽になります。しかも毎月決まった費用を計上すればいいだけなので、難しいことは何もありません。所有権もこちらのにはないので、減価償却費を計算したり、固定資産税を払ったりする必要もありません。これが購入した場合だと、減価償却費をいちいち計算したりする必要が出てくるのでとても面倒です。リースは製品を選べるというメリットもあります。

レンタルではコピー機の機種はまったく選ぶことができませんが、リースは最新の製品を選ぶことも不可能ではありません。保守料金などもレンタルより安く設定されています。ただし、契約する際に審査があるので、誰でも契約できるというわけではありません。審査では会社の財務状況などが調べられ、支払い能力に不安があったりすると、契約を拒否される場合もあります。

また、基本的に中途解約はできず、解約する場合は、残債の一括支払いが求められますから注意しましょう。コピー機を調達する際、リースとレンタルの違いが分かりにくいという人は少なくありません。これは、だいたい利用期間で区別することになります。2年以上継続して使うならリース契約の方がよく、それ以下ならばレンタルの方がいいかもしれません。また、5年以上使うなら、自分で購入してしまうという選択肢もありえるでしょう。コストや事業の継続性などを慎重に考えて、最適な調達方法を選ぶようにしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *