コピー機リースを導入しよう

コピー機のオペレーションリースとは

少しでもコストを削減して、コピー機を導入したいという事業所にお勧めなのが、オペレーションリースという方法を用いることです。

通常行われるファイナンスリースという方法では、新品を導入することになりますが、この方法では中古品を設置することになります。一般的には一度コピー機のリース契約を結び、期間満了になったコピー機が利用されます。まだ十分に使え、中古市場では価値のあるものが再利用される形式となるので、品質についてもある程度は保証されているのが特徴です。

ただし、新品から5年程度は経過しているマシンであることには注意が必要です。中古品という心配はあるものの、この方法を用いれば色々なメリットがあります。料金については一般的な方法に比べるとかなり格安になり、さらには途中解約が可能なケースが増えると言われています。解約が可能であれば、万一、意に添わないコピー機だと判明した場合には、途中で解約して新しい物件に切る替えることが可能です。

さらに、経理・税務処理が極めて簡単な利点もあります。この方式だと短期間の契約、あるいは少額の支出となることが圧倒的に多いので、ファイナンスリースのような減価償却の手続きが不要となります。原則として、支払った全費用はリース料として計上することができます。このような特徴を踏まえると、コピー機は最新機種である必要はない会社、なおかつ、コスト削減や税務処理の事務負担の軽減が会社経営上キーになっている会社などにお勧めの導入方法と考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *