コピー機リースを導入しよう

コピー機のリースにおいて、販売会社はどう選ぶ?

会社の経営が順調で、この先も5年以上の期間にわたって引き続き営業する予定であるならば、コピー機の導入方法はリースに切り替えても差し支えはありません。

リースのメリットは初期費用0円からスタートできること、メーカーがリリースしたばかりの最新のコピー機であっても、申し込みから短期間で利用開始できる点にあります。業務の効率が大幅に改善される場合もあるので、売り上げのアップや人件費のカットなど、会社の利益向上に資するものです。ただ、会社によっては購入(新品や中古品)やレンタルなどの別の方法でコピー機を導入した方が良い場合もあります。

例えば、5年以内に会社を解散したり、事業譲渡するような可能性がある場合は、中古品の購入やレンタルの方が有利になるかもしれません。また、会社の業種やマシンを利用する従業員の数、頻度などの要因によっても、別の方法で十分な場合があります。こうした場合では、販売会社の選択にも注意が必要です。これらのケースではリース、レンタル、販売のいずれが最も経営上のメリットが大きいかを出来るだけ正確に把握する必要があります。

そのため、これらの方法のすべてに対応できる販売会社を選択するのが適切です。このような販売会社を選択するメリットは、利用者の要望に適したプランをより広い視野で提案してもらえる点にあります。以上を踏まえると、会社経営が順調な場合は原則としてはリースを専門とする販売会社を選択すべきですが、コピー機の使用頻度が少なめなケース、あるいは今後、事業の転換などの可能性がある場合は、幅広い導入プランのノウハウを持つ販売会社を選択すべきということになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *