コピー機リースを導入しよう

コピー機のリースに関する費用

コピー機をリース契約により使用をする場合には、通常は借りている毎月の負担だけで済みます。

借りている側に過失があって故障させてしまった場合などでは、その過失相当分の損失を請求される場合があり得ますが、一般的に普通の使い方をしていて、コピー機のリース会社から別途請求をされるようなことはまずあり得ません。したがって、契約に従い月々の支払いだけを誠実に行えば事は足ります。インク代やカートリッジ代などは貸している側の負担ですし、交換時の引き取りなども一般的には貸している側が行います。

ただし、小型の機種などで別途取り決めがある場合は除きます。その他、設置及び撤去に関する費用なども一般的にコピー機のリース会社が負担をして対応をするものです。借りようと思う側は、こうした負担についてあらかじめ契約及び見積もりなどによって、しっかりと把握をします。

大抵の場合は、複数の業者から見積書を採ったりしてその内容を精査して決定しているため問題は起こり得ませんが、大手の業者以外にその見積もりに加わっている場合や、今まで参加していなかった業者が存在する場合には、その内容をよくチェックすることが欠かせません。

いったん契約を取り交わせば、その後一定期間はその業者から変更をすることが難しくなります。過失などが無い限りは契約を取り消すようなことは出来ませんので、最初の段階でかかる費用と想定される問題はよく見極めることが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *