コピー機リースを導入しよう

コピー機はリースで導入しよう

近年は企業の多角的な経営などにより企業業務が年々増えてきているところです。

特に企業業務の中でも重要な業務となっている事務業務については、以前に比べるとかなり業務量が増えてきていると言えます。そんな事務業務において欠かせないのがコピー機で、それは事務業務をする上では必須のアイテムであり、今ではほとんどの企業で導入されています。

コピー機は企業の事務業務を行う上では必須となりますが、その導入となりますとそれなりの費用が掛かります。経費節減に取り組む企業にとっては少しでもコストを抑えたいところです。そこで注目されているのがリースです。そこではコピー機を購入するのではなく、一定期間にわたってコピー機を借りる、と言うシステムで、そこには様々な魅力が隠されているのです。

その特徴は何と言っても初期投資を低く抑えることが出来るという点です。購入により導入するとなりますと一度にかなりの資金が必要となりますが、リースなら月額のリース料金のみの支払いで住みますので、初期投資は格段に抑えることが出来ます。また節税効果としても魅力があります。

購入の場合には、資産として扱われ固定資産税を支払わなければなりませんが、リースで導入した場合には資産とはならないため、税金の支払いも発生しません。ここでもコストが抑えることができるといった魅力があります。こうした魅力から、最近ではコピー機をリースで導入する企業が増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *