コピー機リースを導入しよう

コピー機リースのデメリットにはどんなものがある?

コピー機のリースには多くのメリットがあります。

イニシャルコストがかからないので、そのお金を会社の運転資金に回せることは大きな利点です。その他にも、コピー機導入の資金調達や固定資産税の支払いは販売会社に任せることが出来ますし、経理上の処理も経費扱いにするだけで極めてシンプル。コピー機が時代遅れになること以外に、さまざまなメリットを味わうことが可能です。しかし、そんなコピー機のリースにもデメリットはあります。

審査に通らない可能性があることは想像しやすいことです。他にも購入よりも割高になる点も挙げられます。その理由は、融資にかかる金利や販売会社などが受け取る手数料に加え、固定資産税や保険料が本体代に加算されるからです。さらには、解約が途中で出来ないことがリースの大きな弱点とされます。万一、機種が気に入らない場合でも期間中は使用を継続しなければなりません。

加えて、物件の所有権は販売会社にありますから、転売や譲渡は禁止されます。デメリットも多いのですが、購入よりも割高という点はマシンを安全に使うための経費と捉えれば、大きな欠点とはなりません。近年では、価格競争に打ち勝つために手数料を大きく削減している会社も増えています。

また、事業を継続する限りコピー機は必要不可欠なOA機器と言えます。転売や譲渡が禁止されている点についても同様です。解約できない点は確かに大きなデメリットと言えますが、良心的な販売会社であれば、機種選びの際にはきめの細かいサポートを行ってもらえます。リースが成功するかどうかは、販売会社選びにかかっていると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *