コピー機リースを導入しよう

コピー機は購入よりもリース

ペーパーレスの時代とは名ばかりで、職場ではまだまだ紙の資料の需要は旺盛です。

大変不思議な現象ではありますが、大きな会議から小さなミーディングまで紙のレジュメがない会議はないのではないでしょうか。つまるところ紙の資料を持つというのは、日本企業の一種の文化とも言えます。従ってコピー機の需要もまだまだ旺盛で、職場に一台はないと何かと普段の業務に差しさわりがあるのです。さてそんな職場の必需品であるコピー機ですが、導入する場合にはいくつかの入手方法があります。

まずは単純に購入するというものですが、その他にも借りるという事が出来て、この賃貸の中にはリースとレンタルが含まれます。以上3つの入手方法があるのですが、まずレンタルというのは一時的な需要がある場合のスポット的な利用では使えますが、常に利用するコピー機を入手するための手段としては非常に割高になってしまい妥当とはいえません。残る2つは購入かリースですが、単純に総額の費用だけを見ると購入した方が安い場合が多くなります。

しかしながら、リースには購入にはない利点があり、それは買い替え時の処分の手間がいらないという点です。現在、処分は費用だけでなく手間もかかる面倒なものですので、リース会社に返却さえすれば全て終わるリースでコピー機を導入するのは、長期的に見た場合に大きなメリットがあります。また、仮に最初の契約期間が終了してもまだ使い続けたい場合には、初期の契約料から大幅に安い金額で再契約も出来る点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *