コピー機リースを導入しよう

コピー機はリースが魅力的

企業における事務業務は企業業務に中でも非常に重要な役割を果たしています。

給与の支払いや各種の契約書の取り交わし、行政官庁への許認可手続きなどその範囲は多岐にわたっています。こうした中、効率的な事務業務を行う上で欠かせないのがコピー機です。近年は印刷速度が速くなったり、高画質でコピーできるなど、コピー機においても性能が格段に向上されてきているところです。

このためその価格も上昇傾向となっており、経費節減に取り組む企業にとっては頭の痛いところです。そこで活用したいのがリースという方法です。リースはコピー機を購入するのではなく、レンタルして導入するというものです。レンタルとではその仕組み上、厳密には異なりますが、「借りる」という意味では実質的には同一です。購入する場合にはその導入資金として多額のお金が必要となります。

しかしリースなら毎月のレンタル料の支払いのみですので、初期投資が少なく済みます。また購入した場合には資産となりますので固定資産税が発生しますが、リースで導入した場合には資産としては計上しませんので、固定資産税を節約できるといったメリットもあります。

このように様々な効果があることから、近年ではリースで導入する企業が増えてきています。上質なコピー機を経済的なコストで導入することができるのも魅力と言えます。なお、レンタル期間終了後は返却する所有権移転外で契約する方法と、期間終了後は自社の資産になる所有権移転で契約する方法とがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *