ファクタリング資金調達法

ファクタリングとは売掛債権の現金化を早期に実現できる新しい資金調達法です。経営者にとって事業を推進する上での資金繰り、つまり取引先への支払いなどを含めた支出を遅れなく実行するための運転資金の調達と確保が会社の存続につながる経営上の重要な課題となります。とくに、納品やサービスの提供が完了し請求書を提出していても、現時点でまだ入金となっていない売掛金がある場合に、その回収は先方の支払い期日が来るまですることができません。そのような保有している売掛金の債権を売掛金買取会社に買い取ってもらい、通常の支払い期日より前に早期に売掛金を回収することができ、自社の事業資金として現金化することを可能にします。

その売掛金買取会社が、買い取った売掛債権の回収をする金融サービスをファクタリングといいます。通常の資金繰りは銀行やノンバンクなどの金融機関を利用して行われますが、経営する会社の現在の財務内容や借入件数と借入総額や条件変更の有無など厳密な審査をもとに可否が決定されます。その場合には相応の時間がかかりますし、売掛金を回収する前に新たな借入となって経営の負担となってしまいます。ところが、このファクタリングサービスを利用した場合、借入ではありませんので債務を新たに増加させることはなく、また月々の余分な返済が発生することもないので安定した資金計画を実現できるという大きな利点があり、経営者にとっては安全で安心の資金調達法といえます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です