ファクタリングの手数料

ファクタリングとは、売掛金を即時現金に変えることができる方法です。銀行融資が受けられない中小企業などが利用する新しい資金調達方法として注目されています。銀行融資が受けられない企業向けなので、銀行融資を受けられるならそちらを利用したほうがよいです。その理由は、ファクタリングにはそれなりに高額な手数料がかかるからです。

ファクタリングの手数料は、5%~25%程度であると言われています。専門業者によって設定されている手数料は異なります。また、売掛先の企業の安定性なども手数料に影響します。売掛先企業が倒産してしまえば売掛金は回収できませんので、倒産リスクのある企業の売掛金は安く買い取られてしまいます。

ここで重要なのは、売掛先企業が倒産してしまった場合のリスクをどちらが負うかです。多くの場合、売掛先企業の倒産リスクはファクタリング業者が負うことになっています。しかし、中には倒産リスクは契約者が負うことになっているケースもあります。このポイントはよく確認しておきましょう。

いくら手数料が安くても、倒産リスクまで負っているのでは割りに合わないこともあります。このように、資金繰りが悪化している企業の資金調達方法として新たに登場したのがファクタリングですが、デメリットもそれなりに大きいので、銀行融資を受けられる場合にはそちらを利用しましょう。銀行融資を受けるためには、資金繰りが悪化する可能性があると感じたら早めに銀行に相談をすることです。悪化してしまった後では手遅れなケースがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です