ファクタリングは資金調達の手段

企業の経営者にとって最も重要な業務の一つが資金調達です。大きなビジネスチャンスがあって、それに投資をすれば規模を拡大できると言うときであっても、先行投資ができなければチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。資金調達を行ってキャッシュを増やしていくことは、経営者にとって非常に重要な業務の一つなのです。大企業であれば債券を発行して投資家から資金を集めることもできるでしょうし、あるいは増資を行って資金を集めることもできます。

そこまで大きな資金でなければ、銀行からの借り入れによってまかなうこともできるでしょう。しかし、中小企業や零細企業にとっては、大企業と同じような資金調達は難しいです。せいぜい銀行から不利な条件で借り入れをすることしかできないでしょう。例えば高い金利を支払わなければならないことも多いのです。

これを改善するのがファクタリングです。ファクタリングは売掛債権を現金化するためのサービスです。売掛金はどこの企業でもあるでしょう。この売掛金は、将来はキャッシュになるのですが、現時点ではバランスシート上の資産として計上されるだけで、それがキャッシュとなるまでには時間がかかります。

これを即時に行うのがファクタリングです。つまり、売掛金をすぐに現金化できます。資金繰りでいつも苦しんでいる経営者にとっては、できるだけ早く現金化したいと考えるのは自然なことで、そのために普及してきているのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です